PostfixでのSPAMメール受信拒否

クライアントの拒絶機能を有効にする
main.cfに以下の項目を追加してクライアントの拒絶機能を有効にします。
# vi /etc/postfix/main.cf
  smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks,
             check_client_access hash:/etc/postfix/reject_client,
             permit
上記の設定で、「mynetworks」で指定されているクライアントをリレー、「/etc/postfix/reject_client」に記述されたクライアントを拒絶、それ以外をリレーするように動作するようになります。
拒否するクライアントのリストファイルを作成します。
# vi /etc/postfix/reject_client
  nnn.nnn.nnn.nnn    REJECT
ここで書かれたIPアドレスからのメールを拒絶します。Sendmailで使っていた「/etc/mail/access」から拒絶するIPアドレスのみを指定すれば、今までのリストが活用できます。
作成したファイルをハッシュ化します。
# /usr/sbin/postmap /etc/postfix/reject_client
最後に、リロードさせれば完了です。
# postfix reload

上記のように自分で拒絶リストを作る方法以外に、スパムメールの送信元ドメインやIPアドレスを管理しているサイトのデーターベースを利用することもできます。
# vi /etc/postfix/main.cf
  smtpd_client_restrictions = permit_mynetworks,
             check_client_access hash:/etc/postfix/reject_client,
             reject_rhsbl_client rhsbl.ahbl.org,
             reject_rbl_client spamcop.net,
             reject_rbl_client dynablock.wirehub.net,
             reject_rbl_client opm.blitzed.org,
             reject_rbl_client sbl.spamhaus.org,
             permit
※スパムでないのに届かないメールがあると怖いので、今回は利用しませんでした。
設定を変えた後には、リロードさせて変更した内容を有効にします。
# postfix reload
以上で終了です。