OS立ち上げに必要な機材

追記 2008-11-23
現行系のサーバーを以下のスペックのPCで作成しました。
AT 互換機 (NEC MA10T/E-9)
コンピュータ本体Intel Pentium3 1.2 GHz
メモリDIMM 256 MByte
ハードディスクIDE Mexter 40 GByte
CD-ROMIDE(ATAPI) CD-ROM
イーサネットIntel 815E 内蔵 100BASE-TX
※FreeBSD(7.0)では、あまり古い機器に対応していないため、これぐらいのスペックが無難です。

以下は、旧バージョン(2.x〜3.x)のFreeBSDインストールに必要な機材です。
AT 互換機
コンピュータ本体CPUがインテル i386 / i486 / Pentium
メモリプロテクトメモリ最低5MByte以上、推奨8MByte以上
フロッピーディスク内蔵フロッピーディスク、1ドライブ
ハードディスクSCSIまたはIDEのインターフェイスを使い、100MByte以上のハードディスク
CD-ROMSCSI / IDE(ATAPI)接続された等倍速以上のCD-ROM
イーサネットカードWesternDigital (80xx)
Novell (NE1000 / NE2000)
3Com (3C503)

NEC PC-9801シリーズ
コンピュータ本体CPUがインテル i386 / i486 / Pentium のNEC PC-9801シリーズ
メモリプロテクトメモリ最低5MByte以上、推奨8MByte以上
フロッピーディスク内蔵フロッピーディスク、1ドライブ
ハードディスクSCSI(NEC-55互換)またはIDEのインターフェイスを使い、100MByte以上のハードディスク
CD-ROMSCSI接続された等倍速以上のCD-ROM
イーサネットカードMELCO (EGY-98 / LGY-98 / LGY-98E / LGH-98 / 各シリーズ) /
ICM (IF-2766ET / AD-ET2-T) /
アライドテレシス (SIC-98 / SIU-98 / RE1000 / RE1000Plus / ME1500) /
3Com (3C589B)
※この他にもグラフィックカードマウスを追加して、XFree86を動作させることも出来ます。ただし、i486以上のマシンでないと使い物にならないと思います。
ちなみに私の所では、以下の2機種が眠っていたので掘り起こして使用しました。
Web & mail サーバーとして使用中
コンピュータ本体FUJITSU DESK Power15S
メモリ64MByte
フロッピーディスク内蔵3.5インチ
ハードディスクWD 4.6G(IDE)
CD-ROM内蔵 標準
イーサネットカードPCIL NE2000互換
ビデオカード内蔵 標準
マウス標準マウス



Webのテスト及び環境設定テスト用として使用中
コンピュータ本体NEC PC-9801RA2
メモリ9MByte
フロッピーディスク内蔵5インチ
ハードディスクロジテック SHD-B240(SCSI)
CD-ROMメルコ CDS-E (注1)
イーサネットカードメルコ LGY-98
ビデオカードメルコ WSN-G
マウス標準バスマウス
(注1)システムをインストールしてしまえば使うことが出来ましたが、インストール時に認識してくれなかったので、インストール時には違うドライブを使用しました。PC-9801RA2の内蔵ハードディスクは規格が古すぎるせいか、認識してくれませんでした(;_;)。

更に、余っていた古〜いパーツでサーバーの待機系マシンを作成しました。
Web & mail サーバーのサブマシンとして使用中
コンピュータ本体自作DOS/V互換機
メモリ64MByte
フロッピーディスク内蔵3.5インチ
ハードディスクWD 4.6G(IDE)
CD-ROMMITUMI ×48倍速
イーサネットカードPCI FNW-9702T
ビデオカードS3