大滝村のムシトリスミレ

大滝村のムシトリスミレ
関東地方では自生地が極端に少ない日本産ムシトリスミレがここ大滝村近に自生している。ここは路線バスからも花が咲いている時期なら見ることが出来るという。ムシトリスミレが自生するだけあって、夏でもこの一帯はとても涼しい。
所在地
埼玉県秩父郡大滝村中津川

道路が大きく右カーブした岩肌に自生地がある。カーブの所は道幅がとても広くなって、丁度車が数台止められるようになっている。自生地は川を挟んだ反対側で、かなり距離があるので、花が咲いている時期以外は双眼鏡を持参しないと探すのは難しい。
自生している付近は、石灰質のようで岩肌が白くなっている。常に水が滴り落ちているような場所で、ムシトリスミレには最適な場所のようだ。このような場所に自生していれば、人に荒らされることもないし、山を大きく崩してしまわない限り自生地がなくなることがなさそうなのでちょっと安心。