仙女ヶ池

仙女ヶ池・食虫植物群落
既に絶滅している様子だが、いまだに埼玉県の自然名所には「食虫植物群落」として紹介されている。もしかしたら今でも自生しているのかも知れないが、情報が全くないので定かではない。
所在地
埼玉県日高市

「ふるさとの自然を大切にしましょう」と言う看板と共に、金網が張られているものの、所々に大きな穴が空いていて、テレビ、ラジカセ、冷蔵庫、コンクリートの固まりなどが池に投げ込まれていた。初めてここを訪れた時にあまりのゴミの多さに涙が出そうになったが、2度目以降調査に来たときには綺麗に片づけられていた。
コンクリートの固まりが捨てられていたときには水質が悪化していたが、取り除かれた後は比較的食虫植物に適する水質になったようだ。もしかしたらタヌキモ辺りが自生しているのかも知れない。
池の反対側にはちょっとした湿地帯がある。ここも調べてみたが、食虫植物は見つからなかった。